安全管理

安全衛生方針【令和3年度】

令和3年度 安全衛生目標

「業務災害の撲滅」不休災害ゼ口

当社は、専門会社としてのリスクアセスメントを活用、安全衛生活動を推進し、危険有害要因の低減を図る。合わせてコンブライアンスの徹底を図る。
具体的項目として、「送出し教育」と「作業手順の周知」の徹底を行い、基本を忠実に守り、前年と同様に「災害ぜ口」を目指す。又作業員の健康管理の徹底と、建設業法、労働安全衛生法等の遵守を図る。

①店社の安全衛生管理体制

イ)安全衛生管理計画を策定し、安全衛生委員長のもとに、管理体制の再確認を行い、自主的に活動推進する。
口)各職場における諸条件をもとに、当社の教育担当者による「送出し教育」の充実を図る。
ハ)作業手順書の整備を行い、現場に配属する安全衛生責任者や、重層系列企業に周知徹底を図り、労災保険特別加入の指導等の措置を講じる。
ニ)免許資格の受験、技能講習の受講、特別教育の要請等の措置を講じる。

②現場責任者(安責者)の安全衛生管理体制

イ)毎日の作業打合わせに参加し、他職との連絡調整事項等を末端の作業員にまで周知徹底させる。
口)始業前・後に、「ホウ・レン・ソウ」を日々欠かさず、作業所長に報告する。
ハ)新規入場者教育、職務変更時教育、作業方法の教育を行う。
二)場内巡視を行い、作業状況・保護具・機械器具・作業員の入退場を点検・指導し、必要に応じ作業所に報告する。
ホ)持込み機械は点検を行い、受理証を貼付する。又日常及び定期自主検査の徹底を図る。
ヘ)作業所の指示による、第三者災害防止対策等を充分に遵守する。
ト)その他、安全確保・衛生の保持に必要な、災害防止活動及び雇用改善活動を推進する。

私の決意

労働災害は、いかなる経済環境にあっても、絶対に起こしてはならないものであり、労働災害防止のためには過去の災害事例に学ぶとともに、現場での法令を含むルール遵守の徹底が必要である。
そのため当社は、協力会社を含め、「安全第一」のためのコンプライアンスの徹底を図ることはもとより、労働安全衛生マネジメントシステムを活用し、労働安全衛生等の取組みを行うことを宣言する。

私の決意

令和3年4月1日

タイセイアクト株式会社
代表取締役社長 伊藤 慎介